税理士大柴真哉の個人ブログ

直接、匿名で聞いてみよう

事業を始めるけど税金とか分からない、税理士と税務署の違いも分からない、という方もいらっしゃるかもしれません。

そういう場合は国税局に無料で、匿名で話しが聞けますので電話をしてみるといいでしょう。


そうは言っても国税庁とか抵抗がある、と思われるかもしれません。

でも公務員とはそもそも大衆に奉仕する人のことを言うのです。

国民にとって納税は義務ですが、逆に権利もあるわけです。納税者として行政に相談することは当然の権利なんですよ。


ということで早速その方法を載せておきますが、あくまで税金に関する一般的な質問となりますので、込み入った話しは最寄りの税務署で聞くことになります。

具体的にはこちらの国税庁のサイトへアクセスし、案内に従っていけば電話相談に繋がります。

http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/sodan/denwa-sodan/index.htm

その際は自分の名前を名乗る必要はありません。

また電話番号の前に「184」を付けて非通知でかけることもできます。


それでもやっぱり抵抗があるかもしれませんが、彼らも全国からしょうもない質問(失礼!)を毎日受けているので、その辺を想像してみれば気が楽になると思います。

関連記事

コメントは利用できません。

サイト管理人



大柴真哉(おおしばしんや)
大柴税理士事務所所長

事務所サイトはこちら