税理士大柴真哉の本音ブログ

素人さん、本から入りましょう!

まず素人さんという言い方は失礼なんですが、キャッチーなタイトルのためご容赦ください。

それで何が言いたいのかですが、ネットに溢れている専門的な情報の話しです。


最近よくあるのが税務などの取扱いについてネットではこのように書いてあったんですけど。

という常套句?です。

ただこれは落とし穴があって、例えば税務の専門家がネットの情報を見れば、そもそもが何の話しで、ここに書いてあることはこのような前提条件であれば成り立つということが把握できます。


ところが断片的な知識しかない人がネットの情報を見ても上手く扱えない場合もあるのです。

例えば給与計算を自分でやろうとするのであれば、1冊でいいので本を買うべきです。

本というのはネットの情報と違って出版社を通して発行されていますから、一定の質が保たれていることと、全体的に、網羅的に必要な知識が書いてあるわけです。

これが素人(言い方悪いですけど)にとってはとても効果的で、幅広い全般的な知識をまずは持っておくべきなのです。


その上で細かいところをネットの情報で補うのであればまだマシなのですが、始めからネットの情報しか見ていないと、前提条件がごっそり抜け落ちていても気が付かないんですね。

それで正しいと思い込んでネット信者になってしまうので困ったものです。


そもそも会社を経営するわけですから、勉強はして当たり前です。

でも時間もないし(本当にないですか?)面倒くさいので、お手軽にネットで調べて何とかしようという考えだと思います。

楽をしたいのは分かりますが、素人さん、どうせその処理間違ってますよ、と言っちゃうと怒られますかね??

関連記事

コメントは利用できません。

サイト管理人



大柴真哉(おおしばしんや)
大柴税理士事務所所長

事務所サイトはこちら